オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー

運営業者の特徴

2155_bg

65歳以上の高齢者人口の割合が高まる中で、デイサービスをはじめとした高齢者ビジネスは、独立開業する場合に非常に有望な分野です。
その中でもフランチャイズの加盟という手法を活用することで、未経験者でも安心してデイサービス事業を経営することができるのです。
特に高齢者向けのサービスを提供する場合には、最適な運営業者の中から選ぶことが重要です。
中にはリハビリ事業をメインとする運営業者もあり、フランチャイズに加盟することで、高齢者の機能回復を中心としたサービスを提供することができるのです。
また一方で幅広い顧客を獲得して安定経営を目指す場合には、総合的なデイサービスを提供する業者のフランチャイズに加盟する方法もあるのです。
そのような業者は、居宅介護事業と訪問介護事業の両方で実績があるのが特徴的です。
またフランチャイズに加盟することで、経営プランや資金計画などの相談もできるので、未経験者でも有利にビジネスが行えるのです。

フランチャイズといえば

フランチャイズ店という言葉からイメージするものといえば、コンビニエンスストア、ラーメン店、コーヒーショップといったところが代表的なものとして挙げられます。
フランチャイズとは事業本部と各店舗のオーナーとがフランチャイズ契約を結び、本部からは経営ノウハウなどを提供する代わり、オーナー側は売り上げの一部をロイヤリティとして本部に支払うという事業形態です。
本部としては直営店を展開するより低コストで事業を拡大でき、一方オーナーにとってはブランド効果による安定した集客が望めるというメリットがあります。
現在、フランチャイズ経営が導入されている業種は上に掲げたもののほか不動産屋、ドラッグストア、自動車修理工場など多岐にわたります。
そして最近注目を集めているものに、デイサービス施設があります。
デイサービスとは、通所型介護サービスと呼ばれるタイプの介護事業の1つです。
類似のものにデイケアがありますが、デイケアが社会復帰を前提としたリハビリテーションに主眼が置かれているのに対して、デイサービスの方は入浴や食事の介助、レクリエーションなど、日常生活の支援が中心となります。
つまり自宅からそれほど離れていない場所にあって、負担なく通える施設であることが望ましいということになります。
そしてこうした施設の特性を満足させるのに、フランチャイズ方式が適しているわけです。
本格的な高齢化社会を迎え、ますますフランチャイズ型デイサービス施設の需要は高まるものと考えられます。

カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031